FC2ブログ
2021 / 05
≪ 2021 / 04 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2021 / 06 ≫

私達の演奏をより多くの方に知っていただくために、動画の作成とネットへの投稿をしました。
取り急ぎ、URLを記載します。
これを聴いて、演奏を会場で聴きたいと思ってくださる方が少しでも多くいてくださることを願っています。

管弦楽組曲 2番 ロ短調
https://youtu.be/Jlnfy0S3XFU

2つのバイオリンのための協奏曲 ニ短調
https://youtu.be/rOv3mD5DpNQ

バイオリンとオーボエのための二重協奏曲 ニ短調 
https://youtu.be/Hk4OJcQJkzA

オーボエ協奏曲へ長調BWV1053
https://www.youtube.com/watch?v=WRTOXxjZhCs

バイオリン協奏曲二短調BWV1052
https://www.youtube.com/watch?v=MKpFAYkrcxI

バイオリン協奏曲ト短調BWV1056
https://www.youtube.com/watch?v=MWpyaO4lQ_I

カンタータBWV199「我が心は血の海に泳ぎ」
https://www.youtube.com/watch?v=6igC118O9sM
スポンサーサイト



大阪バッハアンサンブルの3回目の公演を2月1日に終えました。

会場である阿波座の川口基督教会は、1920年に現在の礼拝堂が建てられた、創立140年を越える歴史のある教会です。
1920年は私の師匠であるヴィンシャーマン先生の生まれた年で、ちょっと感慨深いものがあります。

その礼拝堂は、私がこれまでに見せていただいた大阪の礼拝堂の中で1番大きくて天井が高く、とても良い雰囲気の中で演奏することができました。

1階席はほぼ満員になり、予定していなかった2階席にもお客様に入っていただきました。

メンバーはそれぞれが一緒に演奏することをとても楽しんでいたように思います。それがお客様にも届いたことと思います。
私も今回は良いリードを用意することができ、楽しく演奏することができました。

今月終わりから1年の予定で、ソプラノの古瀬さんが文化庁の研修員としてドイツに留学します。
その壮行会のつもりで開いた公演でしたが、古瀬さんもとてもいい演奏をしてくれました。

バッハがほぼ一生を過ごしたザクセンの首都であるドレスデンで勉強するのだそうで、ライプツィヒにも近くてうらやましい限りです。いっぱい勉強して、もっともっと良い演奏ができるようになって帰って来てくれるものと期待してます。

いつもの通り終演後受付のあたりでお客様をお見送りしましたが、みなさん笑顔で帰っていただくことができて、ホッとしています。

何人もの方から「また聴きたい」との声をかけられました。とてもありがたく嬉しいことです。
またがんばらなきゃと思います。

お越しくださいましたお客様、協賛してくださいました方々はじめこの公演に協力してくださった全ての方に感謝いたします。ありがとうございました。

大阪バッハアンサンブル代表
城石賢明

9月22日、島之内教会で「ドイツバロックの楽しみ」の公演をしました。
想像していたよりもたくさんのお客様が来てくださり、とてもありがたく嬉しく思います。

かなりきついプログラムを組んだのですが、この夏スタミナ作りに励んだためか最後まで吹くことができました。
ただ本番3日前に、使うつもりで用意したリードが3本とも急に合わなくなり、その後作ったリード10本程もうまくいかなかったので、かつて良かったけどもう使ってないリード(私はゾンビリードといっています) を使いました。
これはいい音は出るけど長くは使えないので2本用意しました。

たぶんそのせいだと思います。
3曲目あたりから怪しくなってしまいました。
良いリードを用意することはオーボエ奏者の大切な仕事だし、自分では納得のいかない演奏になってしまい、お客様に申し訳なく思います。

でもいろんな方からお誉めのことばをいただきました。
次からきちんとできるように激励してくださったものと受け取り、がんばろうと思います。

どうもありがとうございます。
次の公演もよろしくお願い申し上げます。

城石

2012年、大手チケット購入サイト「イ―プラス」より、スマートフォンからチケットを購入できる「smart e+(スマートイ―プラス)」がリリースされました。

「Smart e+」は、スマートフォンの画面だけで、申込・決済のみではなく、 紙と同じように“モギる”デジタルチケットで入場が可能となるサービスです。

チケットの発行は、あたかも紙のチケットがスマートフォンの画面の中にダウンロードされ、会場の入場時はそのデジタルチケットを紙と同じように “モギる”(「moggy」サービス)だけです。

現在でも、QRコードや非接触型IC等による電子チケット入場がありますが、読取機器の設置や複雑な入場運営など、コストとオペレーションの課題がありました。
「Smart e+」では、読取機器が不要で、入場運営も紙のチケット同様、シンプルにできるようになります。



今回の公演をこちらに登録いたしましたので、スマートフォンをご利用のお客様に、紙のチケット無しでご入場いただけます。

2013年9月22日(日)ドイツバロックの楽しみ
の公演チケットご購入はこちら

↓↓
https://sm.eplus.jp/e/683



スマートイ―プラス簡単説明ページ





メンバーの皆様のホームページをリンクしました。

相互リンクしてくださるサイト管理者様いらっしゃいましたら、コメント欄に記入よろしくお願い致します。